是非挑戦したい!ブログライティング手法!

pages-1798_640

ブログを書いていこうと思うと避けることが出来ない「ライティング」。
そして文章だけではなく、興味をそそる「コピーライティング」。
答えが漠然としているから難しく感じます。それこそ才能が物を言うような。
「どんな書き方をすると、読んでもらえるのか?」とか
「このライティングで伝わるのかな?」とかいろんなことを考えてしまいませんか?

僕自身、今までいろんなサイトやブログ、そして本などを参考にすることや
人気ブログの記事構成などの研究をしてきたので、
この記事を機会にまとめてみようとしています。

まずは、タイトル・・・そして小見出し。

ブログやサイトでも一番最初にユーザーが目にする文章。「タイトル」。
ブログライティングの中では、「コピーライティング」とされていることが多く、
興味や関心を惹く文章が求められます。文字数は32文字以内とかされていることもあります。
(検索結果に反映される文字数を制限にしているケースが多い。)

h2・h3タグを使うことでSEOとしても効果が出ることからも重要。

そして本文

伝えたいことをより細かく書いていく。文字数が多くなればその分だけでも
SEOの効果としても受けることが出来ます。

それだけでなく、一記事の中でユーザーが知りたい情報が詳細まで網羅されていることで
何度でも読み返したくなるような記事が出来上がります。

ブログのリピーターが増えていくことでブログ自体にも人気が出てくる。
そんな好循環の元なのでしっかり文字数そして、文章の内容も吟味することで
次につながると思います。

そしてまとめ

全体を通してのまとめ。
記事のポイントをまとめることで、時間の無い人にも読んでもらえる可能性が増えます。
アフィリエイト記事などであれば、行動に促す部分になります。
全体がここにつながるように書くことが重要というかその為の本文だったりするケースも
あります。
アフィリエイト記事なら成約が目標ですし、レポートなどであればダウンロードだろうし。

記事の性質に合わせて、記事の中でのポイントが変わっていくと思います。
内容に沿った書き方自分なりに研究してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク