クローラーへの対応 【検索エンジン最適化スターターガイド】

GoogleSEO

ここって結構知らないって方も多い部分だと思います。
必要性がわからない方もいるかもしれないです。
無料のブログサービスなどでは全然出てこないですし、なじみが無いといえば
そこまでかもしれませんが、サイト作成などをしていると必要な場面もあるかな?
僕は今まであんまり無いです。

クローラーへの対応
  • robots.txtを効果的に設定しよう
  • リンクにnofollow属性を活用しよう
robots.txtを効果的に設定しよう

robots.txt→クローラーにアクセスをしてクロールして欲しい部分とそうでない部分を伝えるファイル
      
機密事項などがクロールされないようにするためのファイルなんですが、作成は
ウェブマスターツールで簡単にできます。

クロールされないための別の方法
”NOINDEX”タグをrobotsメタタグに追加などあります。

後は、あまりページとして意味が無いページなどもクロールさせないほうが良いと思います。

インデックスは多いほうが良いのかそれとも不要なページは省いたほうが良いのか?
ユーザー目線で考えれば後者のほうがいいですね。

リンクにnofollow属性を活用しよう

これは、リンクを使って自分のサイトの評価がリンク先に渡さないようにする
タグです。

コメントスパムなどそうですよね。
いきなり貼り付けて評価もって行かれても・・・。ってことで設定をするのですが
やり方はガイドを見てもらいたいです。

他のサイトの記事に対して記事をを書いてこちらからリンクを貼る場合でも
使うことができます。

でも基本的には良い記事だなって思ったものに対して貼るケースが多いと
思うので、あまり気にしなくてもと考えています。

まとめ

細かな設定になりますけどページの評価に関してはちょっと考えます。
なかなかあがるものじゃないし、コンテンツに関しても良いものを考えていると
どうしても注意しなきゃいけないと思います。

この後はスターターガイドを参考にして欲しいです。
モバイルSEOとプロモーションと分析。

Googleが提供している無料のサービスのリンクもついています。
使いこなすことができれば、とても強力なツールになります。

Google 検索エンジン最適化スターターガイド

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク