総務省の要請って結構強力!

最近の携帯業界は、基本総務省の是正によって株価も変動してしまっている
ような格好ですね。

タスクフォースと呼ばれた、乗り換え優遇の施策もなくなり、料金プランは基本
長期利用者とライトユーザー向けの安いプランが出ていることになっています。

タスクフォースを起点に乗り換えをする方ではなく優遇のための原資になっている
長期利用者への優遇、(機種変更の端末優遇や料金プランの長期割など)へ
シフトして行っているとはいうものの実際のところお得感はあまり感じにくくなっているのが
実情です。

実際割引があってもどれだけ端末負担が小さくなっても通信料は高いままだし
以前の乗り換え施策を利用すれば通信料3,000円〜4,000円で持てていた
期間もあったぐらいですからね。

メリットが減っていっているような気がします。
今後は乗り換えを検討していた方も料金がほとんど変わらないなら
そのままでってことになりそうですよね。

そのまま利用で長期利用者特典がうまく適用されるようになると考えられているんでしょう。

今回出た再度「料金プランを安く」と総務省からの要請で携帯3社の株価は
急落したとのこと。時価総額で9314億円が消えたそうな。
この事実が、投資家や市場にどのような影響を与えるのか知りたい。

市場原理を理解することでもう少し中身のある記事が書けるようになりそうだ。

今後も、総務省の方向性としては料金プランの見直し。もっと安くという部分は
変わりそうにない。携帯各社は端末価格の見直しも同時に行うことで収益の確保を
していくようです。

端末が高くなれば、simフリー端末の安い端末や中古に目が向きそうな感じ
しますけども回線は携帯3社で利用端末は安いものを購入が2、3年後の
賢い利用の仕方になるんでしょうか?

なんとなく、MVNO(格安sim)は災害時や緊急時を考えると不安な部分が
あるので、どうしようか踏み切れないところです。

2台持ちのサブに使うなら賢い選択だと思います。安いしデータ通信は問題ないよう
企業が多いので。
通信速度だけは調べておいた方がいいと思います。時間帯と場所によって遅くなることも
あると聞いたことがあります。

なんか最終的には独り言のように成ってしまいましたが、市場についてもう少し調べて
みることと格安simのデータをまとめてみることと安くて良い端末をこのブログでも
書いてみようかと思います。(いつになるかはわかりません。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク