習慣の捉え方。

僕は、このサイトが好きで良くニュースアプリで
記事を見ています。

lifehacker

ライフハックって、仕事術が中心になっているのですが効率化を図り
生産性をあげる方法のことで、このサイトでは研究結果に基づいた提案なども
掲載されています。

その中で習慣についての記事があり、今までとはちょっと違った
捉え方だなと思いまして。

習慣を、創造性や生産性を向上させる特効薬ではなく、目的に向かう傾向やリズムとして捉えましょう。

あまり、意味の無い習慣は身につきやすい。
喫煙や間食などは習慣化するのは早いです。
間食などはちょっと期間がたてば、やめることも可能ですが喫煙は
なかなかやめられずにいます。

自分にとって良習慣を身に着けたいと思っていてもなかなか続けることが
出来ないことがあります。

とはいっても、少しでも良い習慣をつけることで今までの生活に変化をもたせて
いくことは今の自分にとって必要なことなんじゃないかなと思っています。

良い方向に行く為に弾みをつける意味でも、周りには伝わらなくても
自分自身の成長のためには必要なことになると考えています。

若い頃に比べてみると自分が置かれている状況はゆっくりとしか変わっていかないので
その間に出来ることは少しづつ積み重ねていきたい。

引用の中の言葉「目的」ってありますが、
目的や目標は大切だなと改めて思っています。

道しるべになることだけでなく、迷いからも開放してくれるもので
原点にもなってくれるものだと思います。

少しでも時間があると、迷ったり考え込んだりしてしまうので
自分でも意識的に忙しくしていようとまた思うようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク